2015年12月16日

【今月の発電状況】平成27年11月の発電量と電気代をチェック!

2015年11月の発電量・電気代が確定したので、ご紹介いたします。

やちなび家の発電量はこちら!
発電量   206.5kwh
今年10月の発電量は、平年と比べ悪い結果となりました。

これまでの月間発電量

(年毎の発電量状況グラフ)
発電量2711-1.jpg

(過去5年間の月毎の積算グラフ)
発電量2711-2.jpg

発電量2711-3.jpg
↑ クリックすると拡大表示されます


先月があまりにも良かったので、この落差が痛い・・・。
年間通して見ると、飛び抜けて良かったり悪かったりというのは無くて、合計はほぼほぼ同じくらいに落ち着くんですよね。天気って、面白い!!

天気が変わらないように、ライフスタイルも変わらなければ、毎年同じくらいの売電に結び付くはずなんですが、どうやら気付かないうちに最近ちょーっと気が抜けていたようで、どうも消費電力が多い。
気を付けなければ!!

以下、なび家の11月電気料金です。
※2013/5/16から料金プランを「半日お得プラン」に変更しています。 ⇒詳細はこちら

なび家の27年11月分電気料金(使用期間10/15〜11/12・29日間)
(消費)
使用量 昼間 78kwh、夜間 125kwh → 総計 203kwh(夜間使用率62%)
請求額 5,154円
(発電)
売電電力量 199kwh
売電金額 9,552円
(差額)
11月分電気料金 = 5,154円(支払) − 9,552円(収入) = -4,398円

4,398円のプラス収支となりました!!


◆なび家電気料金
H27年
1月 消費 280kwh:7,192円(昼間:86kwh/夜間:194kwh)
   売電 208kwh:9,984円
   実質電気代: -2,792円
2月 消費 277kwh:6,827円(昼間:71kwh/夜間:206kwh)
   売電 213kwh:10,224円
   実質電気代: -3,397円
3月 消費 269kwh:6,750円(昼間:70kwh/夜間:199kwh)
   売電 230kwh:11,040円
   実質電気代: -4,300円
4月 消費 261kwh:6,843円(昼間:81kwh/夜間:261kwh)
   売電 337kwh:16,176円
   実質電気代: -9,333円
5月 消費 143kwh:4,343円(昼間:48kwh/夜間:95kwh)
   売電 483kwh:23,184円
   実質電気代: -18,841円
6月 消費 156kwh:4,481円(昼間:53kwh/夜間:103kwh)
   売電 452kwh:21,696円
   実質電気代: -17,215円
7月 消費 173kwh:4,666円(昼間:60kwh/夜間:173kwh)
   売電 300kwh:14,400円
   実質電気代: -9,734円
8月 消費 219kwh:5,461円(昼間:76kwh/夜間:143kwh)
   売電 407kwh:19,536円
   実質電気代: -14,075円
9月 消費 225kwh:5,653円(昼間:87kwh/夜間:138kwh)
   売電 209kwh:10,032円
   実質電気代: -4,379円
10月 消費 180kwh:4,665円(昼間:71kwh/夜間:109kwh)
   売電 292kwh:14,016円
   実質電気代: -9,351円
11月 消費 203kwh:5,154円(昼間:78kwh/夜間:125kwh)
   売電 199kwh:9,552円
   実質電気代: -4,398円

【過去データ】


H26年(2014年)⇒やちなび家の太陽光発電 2014年1年間の総括レポート
H25年(2013年)⇒やちなび家の太陽光発電 2013年1年間の総括レポート
H24年(2012年)⇒やちなび家の太陽光発電 2012年1年間の総括レポート
H23年(2011年)⇒やちなび家の太陽光発電 2011年1年間の総括レポート
H22年(2010年)⇒やちなび家の太陽光発電 2010年1年間の総括レポート
H21年(2009年)⇒やちなび家の太陽光発電 設置後1年間の総括レポート


◆参考 太陽光導入前の電気代
H20
1月 消費 563kwh:16,761円
2月 消費 518kwh:15,375円
3月 消費 497kwh:14,729円
4月 消費 406kwh:11,925円
5月 消費 412kwh:12,109円
6月 消費 325kwh: 9,612円
7月 消費 371kwh:10,846円
8月 消費 522kwh:15,498円
9月 消費 390kwh:11,431円
10月 消費 344kwh:10,014円
11月 消費 358kwh:10,446円
12月 消費 380kwh:11,124円
合計       149,692円
※上記値はH24年8月分より、東電値上げ分・家族構成変化による使用量増加分を考慮しました。
H26年4月分より、消費税増税分を考慮しました。

太陽光発電を導入したことによるやちなび家の導入メリットは
10,446円(太陽光発電導入前に支払っていた電気代) + 4,398円(今月の電気代収支) = 14,844円
今月は14,844円の導入メリットになりました!
⇒設置からの太陽光発電導入メリット 総合計 1,583,864円(導入後6年9ヶ月)


これまでの一日発電量Best5
1位 2012/6/26 →28.99kwh
2位 2013/5/7 →28.89kwh 
3位 2010/6/2 →28.35kwh
4位 2010/6/1 →28.19kwh
5位 2010/6/4 →27.97kwh

これまでの瞬間発電Best5
1位 2015/6/ 6 11:05 →4754w
2位 2011/5/31 10:14 →4716w
3位 2010/7/30 11:50 →4703w
4位 2012/5/12 10:51 →4698w
5位 2010/6/16 11:37 →4696w

これまでの月間発電量Best3
1位 2013/5 →637.50kwh
2位 2014/5 →599.00kwh
3位 2010/8 →590.20kwh


★ご参考
やちなび家の太陽光発電システム
/シャープ サンビスタ
太陽光発電モジュール  ND-153AU
パワーコンディショナー JH-L624
西面30度 17枚 2.6kw
東面30度 15枚 2.29kw
合計      4.89kw

東電料金プラン 半日お得プラン(H25.5/16に「おトクなナイト10」から変更)

〔関連レポート〕
2009年01月28日 太陽光発電システム設置をなび家で検討!
2009年02月24日 太陽光発電がいよいよ始動!
2009年03月15日 設置後の我が家は?“液晶モニター”と“おトクなナイト10”効果
2010年10月20日 メンテナンスサービスを受けました!
2011年03月14日 【計画停電】太陽光発電システムの非常電源の使い方「自立運転モードって?」
2012年05月13日 電気料金値上げ!【ピークシフトプラン】と【おトクなナイト10】を家計シミュレーション比較
2013年07月14日 平成25年6月料金分から「半日お得プラン」に変更
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 太陽光発電システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

電気料金値上げ!【ピークシフトプラン】と【おトクなナイト10】を家計シミュレーション比較

新聞やテレビで大きく取り上げられている「時間帯別料金(=ピークシフトプラン)」。

2012年7月1日から、原子力発電所事故・停止による電気料金の値上げが実施されることになりましたが、今回の改定で我が家の太陽光発電ライフにどう変化をもたらすのか?を検証してみました。

まずは、発表された値上げ後の改定料金について見ていきます。
⇒東京電力プレスリリース 電気料金の値上げについて
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2012/1203333_1834.html
この内容には、
・ピークシフトプラン(時間帯別料金)なるものが新たに新設
・既存の電気料金プランは残るが、それぞれ1kw当たりの単価が割り増し
・値上げ期間は平成24年度から平成26年度までの3年間
・おとくナイト10の新規加入受け付け停止予定
といったトピックが盛り込まれていたのですが・・・

具体的にはどのような変化があるのか?
なび家の夏(7月)の電気料金にあてはめてシミュレーションしてみました!
※燃料調整費などは考慮出来ないので、あくまで概算です。
(基本データ)
2011年7月の電気料金(おトクなナイト10)
消費 169kwh:3,736円(昼間: 73kwh/夜間: 96kwh)
 
【パターン1】プランを変更せず「おトクなナイト10」を継続した場合
 昼間     73kwh×25.50=1861.50円
 夜間     96kwh×12.38=1188.48円
 基本料金   1260円(変わらず)
 口座振替割引 -50円
 合計     4259円
 ⇒値上げ額 523円(値上げ率 13.99%)

【パターン2】ピークシフトプランに変更した場合
※昼間が適用される時間帯が異なり、朝晩1時間づつ増えますので下記試算より金額が増えることが想定されます。
※ピーク時間帯はすべて太陽光発電で賄えると想定しています。

 昼間     73kwh×29.66=2165.18円
 夜間     96kwh×12.13=1164.48円
 基本料金   1260円
 口座振替割引 -50円
 合計     4539円
 ⇒値上げ額 803円(値上げ率 21.4%)

【パターン3】通常の従量電灯Bにした場合
 第一段階料金 120kwh×19.16=2299.2円
 第二段階料金  49kwh×25.71=1259.79円
 基本料金   1092円(40A)
 口座振替割引 -50円
 合計     4327円
 ⇒値上げ額 864円(値上げ率 23.1%)

この試算をしてみて分かったことは、
★電気使用量が多いほど、値上げ率は高くなっていく。
(使用量に応じて値段が上がる段階料金の上げ幅が、上の段階になるほど増えるため)
★「おトクなナイト10」がいかにメリットの高いプランであるかが再確認出来た。
(だからこそ、東電にはメリットが少ないので「おトクなナイト10」の新規加入受け付けの停止を予定しているわけですね・・・。)
★「おトクなナイト10」で夜間使用割合を増やすことによって、値上げ幅は飛躍的に下げられる。
★「ピークシフトプラン」については、ピーク時間帯(夏季のみ:毎年7月1日から9月30日までの期間)は節電できるが、その他昼間時間帯での使用量が300kwhを超える場合は、「おトクなナイト8」や「おとくナイト10」に比べてメリットがありそう。
★おトクナイト8や10を選択する場合、夜は固定料金だが昼は利用量が増えると段階的に単価が高くなるので、太陽光システムを設置しているなら発電分で賄えるため気にせず昼も使えるが、設置していない場合は要注意。太陽光無しで、日中に月合計120kwh程度以上使う場合、「ピークシフトプラン」は昼も固定なのでメリット有り。ただし、13〜16時は夜の電気料金の5倍になるので、このプランを導入するなら13〜16時に一切電気を使用しないくらいの覚悟で加入しないと厳しい・・・。

ということで、
それぞれの家庭の電気使用状況によって変わりますから一概には言えないものの、
(1)太陽光発電システムを導入している家庭
(2)共働きで、昼間の時間帯は不在など昼間の節電がかなり期待できる家庭で、且つ昼間の電力使用量が月120kwh程度以下の場合
は「おトクなナイト10」のプラン設定が、一番電気料金が安くなると思われます。
※必ず自宅の使用量、時間帯などから試算をしてください。上記に当てはまる場合でも、条件によっては必ず安くなるとは限りません。

もし「おトクなナイト10」の導入を考えている方は、東電が新規受付を停止する7/1前に申し込んだ方が良さそうです。ただこのプランも、『現在加入済みの方は、経過措置として引き続き適用』と書かれているので、いずれ無くなる可能性が・・・ヤメテー!

また、太陽光発電システムを導入していないご家庭でも、契約アンペア数を見直すなどして、使用量・値上げ幅を最小限に抑えてみては?!
ちなみになび家は「おトクなナイト10」なので、契約アンペア数は無いのですが、通常の従量電灯Bでご契約されている場合は、30アンペア位に下げると基本使用料が安くなりますし(電気料金の単価は下がりません)、使いすぎも防げるのでオススメです。うちもナイト10プランに入る前には30アンペアに下げて利用していましたが、支障なく過ごせていました!エアコン2台つけて電子レンジつけて、ドライヤーをつけて、さらに洗濯機などを回したりとかするとブレーカーが落ちたりするかもしれませんが・・・。

★なび家はこちらに太陽光発電システムを依頼しました!→お店体験レポートはこちら
※2012年5月1日 社名変更しました
●TEAM LOHAS(チームロハス)株式会社 047-483-3374
千葉県八千代市村上1610-6川嶋ビル2F(地図)東葉高速鉄道「村上」駅より徒歩10分
【ホームページ】http://www.team-lohas.com/index.htm

〔関連レポート〕
2009年03月15日 設置後の我が家は?“液晶モニター”と“おトクなナイト10”効果
posted by やちなび子 at 17:50 | Comment(2) | 太陽光発電システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

八千代市が太陽光発電設置費用の一部補助開始!!

八千代市で太陽光発電システム設置の補助が開始されることになりました!
今までは八千代市内で設置する場合、国からの補助(平成23年度:太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり48,000円)のみで、八千代市からの補助はありませんでした。しかし太陽エネルギーの有効利用の必要性について、社会的にも需要や要望が高まっていることを踏まえて、平成23年11月1日(火)から受付がスタートすることに!

【対象者】以下(1)(2)の要件を両方満たす人
(1)自ら居住しているか、これから居住しようとする市内の住宅(併用住宅含む)に太陽光発電システムを設置しようとする人、又はシステムが設置されている市内の住宅(建売住宅)を購入し、自ら居住しようとする人。
(2)電力会社と電力受給契約を締結し、3月19日(月)までに実績報告書を提出できる人。
【受付開始】平成23年11月1日(火)〜
【申請方法】市HPからダウンロード又は市役所2階環境保全課で配布している申請書類を同課へ持参(代行申請可)。
※必ず工事着工及び建売住宅の引き渡し日の14日前までに申請すること
※書類に不足・不備があった場合は再受付となります

★詳しくは八千代市HP「太陽光発電設備設置費用を一部補助します」をご参照ください
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/siyakusyo/kankyo-seisaku/oshirase/taiyoukou-setsubihojyo/index.html

気になる補助額は「太陽光発電設備1キロワットあたり20,000円(上限70,000円)」だそうです。
これは、仮に八千代市在住の一般家庭で3.5kwの太陽光発電を導入した場合、
◆国からの補助   :168,000円
◆八千代市からの補助: 70,000円
の補助が受けられることになるので、合計238,000円もお得に!

ただ、八千代市HPのお知らせを読んでみると、補助金を申請するためには複数の申請書が必要みたいです。提出を求められる添付書類も多いし、到底自分では申請できないような面倒くささ・・・。
なび家は太陽光発電を設置したとき、国の補助金申請については施工をお願いしたビックインテックさんが代理申請してくださったので、安心して制度を利用出来たんです。今回の市の補助金申請も同じように対応してくださるのか伺ったところ、
「当社で施工させていただいたお客様に関しましては、国の補助金申請と併せて、八千代市への補助金申請も当社にて代理申請させていただきますので、お客様の申請による手間は不要です」との回答でした!

なび家が太陽光発電を設置した当時(2009年2月)に比べて、最近は太陽光発電システム自体の価格も10%〜20%程度値下がりしていますし、国からの設置費用補助金と余剰電力買取制度(平成23年度:42円/kWh 10年固定)の恩恵も受けられ、今回さらに八千代市からの設置費用補助金が支給されます!
大震災で電気使用量削減が求められている昨今、これは絶好の導入機会かも!?
申請は先着順で、予算額に達した時点で市の補助金は打ち切られてしまうので、ぜひご検討中の方はお早目に。

ご参考
★やちなび家の太陽光発電システム
/シャープ サンビスタ
太陽光発電モジュール  ND-153AU
パワーコンディショナー JH-L624
西面30度 17枚 2.6kw
東面30度 15枚 2.29kw
合計      4.89kw

★やちなび家のシステム設置依頼先
/(株)ビッグ・インテック関東支社 http://www.bigintec-chiba.com/index.html
〔体験レポートはこちら〕
2009年01月28日 太陽光発電システム設置をなび家で検討!
2009年02月24日 太陽光発電がいよいよ始動!
2009年03月15日 設置後の我が家は?“液晶モニター”と“おトクなナイト10”効果
2010年10月20日 メンテナンスサービスを受けました!
2011年03月14日 【計画停電】太陽光発電システムの非常電源の使い方「自立運転モードって?」

●株式会社ビッグ・インテック 関東支社 047-483-3374
千葉県八千代市村上1610-6川嶋ビル2F(地図)東葉高速鉄道「村上」駅より徒歩10分
【ホームページ】(関東支社)http://www.bigintec-chiba.com/index.html、(本社)http://www.big-intec.com/
【なび子のお店レポート】http://yachinavi-taiyoko.seesaa.net/article/115563717.html
posted by やちなび子 at 21:10 | Comment(0) | 太陽光発電システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

【計画停電】太陽光発電システムの非常電源の使い方「自立運転モードって?」

【注意】太陽光発電ブレーカを必ずOFFにしてから自立運転に切り替えてください
【追記情報】
※実際に停電中に非常用電源を使ってみました!(2011年3月17日)
※ネットが使えました!(2011年3月18日)
※計画停電時の料金について確認しました(2011年3月19日)


2011年3月14日
3/11に発生した「東北地方太平洋沖地震」の影響で、14日以降計画停電が行われています。
太陽光発電は通常時、まずは自分の使用する電力が差し引かれ、その残りの電力が売電に回されます。この売電分は東京電力の供給電力の一部として使われ、効率よく近所へと割り振られていくわけです。
はじめは、何となく「こんな状況で“売電”だなんて不謹慎なイメージ・・・」と思ってしまったものの、よく考えてみれば自分が節電して沢山売電に回せれば、その分関東の危機的な電力供給に微力ながらも助けになるわけですよね。
一軒分の発電量なんてわずかかもしれませんが、日中は東電の電気を消費するどころか自分で賄うことが出来て、さらに供給までできるなんて、太陽光システムを導入して本当に良かった!!

ただ、逆に停電になると、売電はストップします。
発電した電気は近所へ割り振られることがないので、自分で使わない分はすべて「廃棄状態」になるるわけで、せっかく太陽光システムがあるんだもの!もしまだ活用されていない方は、日中の停電時はぜひ非常用電源に切り替えて恩恵にあずかりましょう!

なび家の場合、日中は最大一度に1,500ワットまで使用できるようになっています。
ちなみに非常電源を利用する場合は、(1)売電はストップする(2)発電が出来ない天候や夜間などの時間帯は利用不可、といった条件があります。

【なび家の非常電源の利用方法】
まずは、太陽光発電ブレーカをOFFにします。自立運転する際には、商用電源の遮断をしなければ電気系統に重大な事故を起こす可能性があるため、これは説明書の記載有無にかかわらず必ず行ってください。

それから以下の方法で連系運転から自立運転に切り替えます。
taiyo-230313-2.jpg
(1)まずは写真@のボタン(運転/停止)を押して、太陽光システムを停止させる。
(2)連系から自立運転に変更するためにAのボタン(連系/自立)を押す。
(3)再度(運転/停止)ボタンを押すB


※なび家はシャープ サンビスタですが、自立運転モードへの変更作業はメーカーによって変わりますし、製造時期によって同一メーカーでもモニターの表記などが多少変わりますので、操作前に一度説明書をご確認していただくのが安心です!
↓ ネットでやり方を掲載しているメーカーもありますのでご参考まで。
⇒シャープ サンビスタ「自立運転の切り替え方法」
⇒京セラ製住宅用太陽光発電システム「停電時の自立運転機能について」
⇒長洲産業 住宅用太陽光発電システム「停電時の使い方について」

自立運転に切り替えられれば、あとはパネルの下にある非常用電源を普通のコンセントのように利用すればOKです。
taiyo-230313.jpg

この非常電源は、冷蔵庫くらいなら十分安定利用が出来るようです。
ただ、冷蔵庫をセットしながらドライヤーなんてつなげてしまうと容量を超えてしまうので・・・そういう場合は冷蔵庫を外して、別の使用したい機器をつなげる方が確実です。
冷蔵庫は扉を開けなければ冷却機能はかなり保たれ続けるようですので、停電前に必要なものは取り出しておくなどしておいたほうが良さそう。
また、炊飯器も全然大丈夫みたい!
夕飯時で日が暮れるときにスイッチを押してしまうと途中で使えなくなってしまうので、どうしても炊く必要が出てきたら日中お早目に・・・。

【追記】2011年3月16日
昨日は昼間初めての計画停電でしたので、実際に非常用コンセントを使ってみました。

taiyo-230317-10.jpg
↑ まずは太陽光発電ブレーカーをオフにします。これをしなくても自立運転は機能するのですが、電気系統に重大な事故を起こす可能性があるので気を付けて!

taiyo-230317-1.jpg
↑ 停電になると、太陽光システムのパネルに「停電中です。しばらくお待ちください」などといった表示がされます。

taiyo-230317-2.jpg
↑ (1)まずは太陽光システムの運転をストップさせます(下の運転/停止ボタンを押す)。すると「連系手動停止中」という表示がされました。

taiyo-230317-3.jpg
↑ (2)連系から自立運転に切り替えます(上の連系/自立ボタンを押す)。すると「自立手動停止中」という表示に変わり、ランプも緑色から赤色に変化しました。

taiyo-230317-4.jpg
↑ (3)太陽光システムを再度運転させます(下の運転/停止ボタンを押す)。表示は「自立運転中となりました。

ちなみに、なび家の太陽光システムはシャープ サンビスタですが、メーカーの違いで操作方法や表示名なども変わりますし、同じシャープでも年式によってパネルの表示が違っていますので、お使いになる前に確認してくださいね。

さて、こうして自立運転させることで、パネルの下にある非常電源コンセントが使えるようになりました。家にあった延長コードを差し込んで・・・まずはテレビをつけてみました!

taiyo-230317-5.jpg
↑ 初めて日の目を見た非常用電源。急な停電しか経験がなければ、これを使ってみようと思う余裕がなかったと思います・・・。

これをテレビの電源につなげてみました。

おおー、電源が入った!!

・・・と、思ったら

taiyo-230317-6.jpg

テレビはアンテナのほうにも電力がいるため、単にテレビだけの電源では見ることが出来なかった・・・。アンテナのほうのコードをひっぱってくるのがよく分からなかったので(なび夫さんならきっと出来たのかも)、テレビを見ることは断念。
ちなみに、ビデオやゲームにはこの状態で使えるので(もちろんビデオなどの電源もつながないといけませんが)、なび次男がどうしても飽きてしまったらこれで“いないいないばぁ”とか見せることも出来そうです。

次は冷蔵庫。
計画停電一日目は19:20〜だったので非常用電源は使えなかったのですが、このときに2時間強停電してしまっただけで、一切扉を開けなくても冷凍しているものに霜がついてしまいました。氷もほんの少し停電しただけでストックしてあるものが固まりになっていましたし、なるべく日中の計画停電時は冷蔵庫の電源確保を重視しようかと思っています。

電源を差し込んで、きちんと動いているのか扉をあけてみました。

taiyo-230317-7.jpg
↑ すごい!きちんと通電してる!!(やだ、味ポンがメインで写ってた!何とも庶民的な庫内ショット、失礼しました・・・。)

ちなみに冷蔵庫は、ほとんど安定稼働中は0.00Kwで、ときどき0.06Kwまで上がることもあります。今は日中の発電は天気だと3.80Kwまでにもなったりしますので、この程度なら夕方17:00すぎまで十分賄えます。

taiyo-230317-9.jpg
↑ 安定時はこんな表示。ちなみに、消費分しか発電量に表示されません。

taiyo-230317-8.jpg
↑ ときどき冷やすために消費されますが、0.06Kw程度です。途中で扉を開けたりすると、0.11Kwまで上がることはありました。

昨日は15:20からだったので控えめに冷蔵庫だけに使用してみましたが、今日はお昼12:20からの停電だったので、冷蔵庫プラス石油ストーブも使ってみることに。
石油ストーブは、電源を入れて着火するまでが一番電力を使います。なび家のストーブの場合は、最大0.73Kwくらいまで上がり、着火後は全く電力を使わないで運転していることが多いのです!だから、冷蔵庫プラスストーブでも、消費電力が0.00〜0.06kw程度。ときどき0.11kwにまで上がる程度でした。
夜間は厚着で対策しなければいけませんが、この調子なら多少曇っていても日中は暖が取れそうです。

なお、太陽光発電は安定した電力ではないので、曇ってきたりしたら必ずパネルで発電しているか確認してください。不安な天候になったら、使用しないという選択も必要です。何度も通電・停電を繰り返してしまうと電化製品が壊れてしまう可能性もあります。
また、使い終わったら(1)自立運転から連系運転に戻す(これをしないと、売電しません)、(2)太陽光発電ブレーカーをオンに戻す、という操作を忘れずに!


【追記】2011年3月18日
今日は9時20分から停電開始です。
本日も快晴のため、非常用電源を冷蔵庫につなげております。
昨日なび夫さんが延長コードをもう一本買ってきてくれたので、試しにインターネットが使えるかチャレンジ!
電話はつながるので、ADSLを使っているなび家なら大丈夫なんじゃないかと思いましたが、予想通りネットがつながったー!!
これで停電中もレポート作成が・・・出来てしまう(>_<)いやいや、頑張ります。お待ちいただいている店舗の皆さん、本当に申し訳ないです。鋭意作成中でございますので、しばしお時間を・・・。

【追記】2011年3月18日
計画停電が行われている時間帯の料金について、平成23年2月〜3月電気代レポートで紹介しました。
⇒2011年03月19日 【今月の電気料金】平成23年2月〜平成23年3月実績

【追記】2011年3月28日
計画停電中の発電分を無駄にしない方法を提案!
⇒2011年03月28日 夏・冬に向けて計画的に計画停電を乗り切れ!

★ご参考
やちなび家の太陽光発電システム
/シャープ サンビスタ
太陽光発電モジュール  ND-153AU
パワーコンディショナー JH-L624
西面30度 17枚 2.6kw
東面30度 15枚 2.29kw
合計      4.89kw

やちなび家のシステム設置依頼先
/(株)ビッグ・インテック関東支社 http://www.bigintec-chiba.com/index.html
〔体験レポートはこちら〕
2009年01月28日 太陽光発電システム設置をなび家で検討!
2009年02月24日 太陽光発電がいよいよ始動!
2009年03月15日 設置後の我が家は?“液晶モニター”と“おトクなナイト10”効果
2010年10月20日 メンテナンスサービスを受けました!

●株式会社ビッグ・インテック 関東支社 047-483-3374
千葉県八千代市村上1610-6川嶋ビル2F(地図)東葉高速鉄道「村上」駅より徒歩10分
【ホームページ】(関東支社)http://www.bigintec-chiba.com/index.html、(本社)http://www.big-intec.com/
【なび子のお店レポート】http://yachinavi-taiyoko.seesaa.net/article/115563717.html
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(1) | 太陽光発電システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

メンテナンスサービスを受けました!

先日、ビッグ・インテックさんからお電話がありました。
『屋根のメンテナンスサービスにお伺いしたいのですが、明日あたりはご在宅でしょうか?』

そうそう、ビッグ・インテックさんは他社との差別化を図るために、施工後も定期的に掃除・点検を兼ねてお客様を訪問されているんです。基本的に太陽光パネルは雨ざらしでも耐えられるよう丈夫に作られているのですが、施工してそれっきり・・・という業者さんが圧倒的に多い中で、こうして訪問してくれるというのは安心です。
⇒その話を伺ったときの記事はこちら(結構長文ですが、後半あたりに記載しています)

特に用事もなかったので、翌日10時にご訪問いただくことになりました。
そして当日、いらっしゃったのは男性がお2人。ビッグ・インテックさんと保守・点検の特約店として業務提携をされているヤマシロ建装の方でした。
『本日は屋根の点検と清掃をさせていただきます。1時間ほどで済むかと思いますが、高圧洗浄など水や電源を必要とするのですが、少々お借りしても大丈夫でしょうか?また、水しぶきが周りに飛ぶかもしれませんので、お洗濯物や窓のご確認をお願いいたします。』
さらに、はしごをかける都合もあるので、お隣りさんにもご挨拶を済ませてくれました。

アフターメンテナンスというと、何か破損があったときなどだけ対応するケースがほとんどだそうで、ヤマシロ建装さんも「こうして無料点検を定期的に回っている企業さんはビッグ・インテックさんくらいしか聞いたことないですよ。」とおっしゃっていたくらいです。ちなみに、年に1回程度まわれれば!と意気込んでいらっしゃった大木社長でしたが、その後契約件数が増えてきてメンテナンスが一巡する期間が少しずつ伸びてきてしまっているとか。
というのも、パネル上で水を使った洗浄を行うというのは、不慣れだと滑ってしまって大変危険な作業だそうで、相当熟練した職人技が必要なんだそう。ヤマシロ建装さんにこの作業が出来る方が少なく、本来の業務は住宅などの塗装や修繕といったものがメインなので、現状では1日に3件ほどしか回れないからだとか。さらに契約件数が増えてくるでしょうし、今後についてはビッグ・インテックさんでも検討中のようで、現在は無料で回られていますがもしかしたーら1,000円など少しいただくことになってしまうかもしれないとか・・・それでも、こうして来て洗浄と点検をしてくれるなら安いくらいだわ。

やっぱり洗浄したほうが、発電効率は上がるんですか?
『汚れてくれば、2〜3%というわずかな数値ではありますが効率は落ちますからね。もちろん雨などが降れば表面はきれいに流れていきますが、縁のほうにゴミが溜まっていったりしますから、そうした雨ではどうにもならない部分を高圧洗浄でキレイにしていきますよ。このあたりは環境的に問題がないので2〜3年ごとでも十分なくらいですが、八街あたりでは砂埃がかなり舞っていて1年経過しただけでも結構汚れていましたよ。また、屋根とパネルの間にも何か不具合がないかどうかなどチェックします。』

パネル自体は大変丈夫に出来ているので、まさか普通に過ごしていて破損することなんて考えられないと思いましたが、佐倉の地域では今年春の大粒のヒョウが原因でヒビが入っていた例があったそうなんです。施工していたお客さんも発電状況に大きな変化がなく気付かなかったそうで、このメンテナンスサービスで発見され、保証期間内ということで無事に無料交換を行ったとのことでした。

taiyo-221019-1.jpg

また、清掃はエコキュートを設置されている家なら水抜きをして洗浄したり、IHを利用している場合も点検・清掃を行ってくれるんですって。また、室内のモニターも点検するとのことでした。
うちはまだガスが壊れていないのでしばらくはオール電化にする予定もないのですが、オール電化ってどうなんですか?なんていう話をしながら屋根の作業を進めるベテラン職人さんを見守っていました。既にオール電化対応の住宅に住んでいる場合は、売電価格も2倍になっているしオール電化限定の割引も色々あるし、太陽光発電システムを導入するのはかなりオススメですよねー、なんて会話をしていたら、作業が気になって出てきたお向かいさんが太陽光発電に興味を持ち始めてヤマシロ建装さんと話し込んでましたわ。
私は写真を撮った後、なび次男が家にいるので作業が終わるまで室内で待機です。

taiyo-221019-2.jpg
↑ 表面を水を含んだブラシで洗っていきます。

taiyo-221019-3.jpg
↑ 高圧洗浄で屋根の縁などに溜まったゴミもキレイに流していきます。

taiyo-221019-4.jpg
↑ 優しいベテラン職人さん、うちの緩んだアンテナの線まで気にして直してくれました。スミマセン。

特に修理が必要な箇所も無かったようで、洗浄後はすぐに室内のパネルを確認して、本日の作業内容表にサインをして終了となりました。屋根に登っての作業でしたが、あっという間でほんとに1時間ほどで終了しました。

taiyo-221019-5.jpg

せっかく洗浄してもらったのに、その午後から曇り・・・。そして本日も小雨がときどきぱらつく天気です。週末天気になって、バーン!と発電してくれるのが楽しみです!


(ご参考)やちなび家の太陽光発電システム/シャープ サンビスタ
太陽光発電モジュール  ND-153AU
パワーコンディショナー JH-L624
西面30度 17枚 2.6kw
東面30度 15枚 2.29kw
合計      4.89kw


★なび家はこちらに太陽光発電システムを依頼しました!→お店体験レポートはこちら
●株式会社ビッグ・インテック 関東支社 047-483-3374
千葉県八千代市村上1610-6川嶋ビル2F(地図)東葉高速鉄道「村上」駅より徒歩10分
【ホームページ】http://www.bigintec-chiba.com/index.html
※(株)ビッグ・インテック本社ホームページはこちら→http://www.big-intec.com/
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 太陽光発電システムについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。