2012年01月21日

やちなび家の太陽光発電 2011年1年間の総括レポート

毎月電気代と発電量についてご紹介してきましたが、年間通してどのような結果になったのか?!今回は2011年の総括レポートです。

まずは、各項目の総合計から。

★2011年 年間実績 2011年1/1 〜 2011年12/31
発電 4,756kwh
消費 3,765kwh
売電 3,646kwh (売電収入/172,800円)
買電 2,655kwh (電気代/50,801円)

12月 消費 237kwh:4,900円(昼間: 90kwh/夜間:147kwh)
   売電 148kwh:7,104円
   実質電気代: -2,204円
11月 消費 168kwh:3,934円(昼間: 75kwh/夜間:93kwh)
   売電 209kwh:10,032円
   実質電気代: -6,098円
10月 消費 172kwh:4,044円(昼間: 81kwh/夜間:91kwh)
   売電 271kwh:13,008円
   実質電気代: -8,964円
9月 消費 223kwh:4,817円(昼間: 97kwh/夜間:126kwh)
   売電 358kwh:17,184円
   実質電気代: -12,367円
8月 消費 177kwh:3,988円(昼間: 81kwh/夜間: 96kwh)
   売電 349kwh:16,752円
   実質電気代: -12,764円
7月 消費 169kwh:3,736円(昼間: 73kwh/夜間: 96kwh)
   売電 389kwh:18,672円
   実質電気代: -14,936円
6月 消費 135kwh:3,186円(昼間: 59kwh/夜間: 76kwh)
   売電 342kwh:16,416円
   実質電気代: -13,230円
5月 消費 174kwh:3,195円(昼間: 65kwh/夜間:109kwh)
   売電 458kwh:21,984円
   実質電気代: -18,789円
4月 消費 194kwh:3,630円(昼間: 63kwh/夜間:131kwh)
   売電 367kwh:17,616円
   実質電気代: -13,986円
3月 消費 265kwh:4,286円(昼間: 74kwh/夜間:191kwh)
   売電 265kwh:12,720円
   実質電気代: -8,434円
2月 消費 372kwh:5,397円(昼間: 91kwh/夜間:281kwh)
   売電 214kwh:10,272円
   実質電気代: -4,875円
1月 消費 370kwh:5,688円(昼間:104kwh/夜間:266kwh)
   売電 230kwh:11,040円
   実質電気代: -5,352円

発電量2401-2.jpg

【参考】太陽光導入後の年間実績
★2009年 年間実績 2/13(発電開始日)〜2010年2/12
発電 4,412kwh
消費 3,164kwh
売電 3,552kwh (売電収入/108,495円)
買電 2,304kwh (電気代/46,837円)

★2010年 年間実績 2010年1/1 〜 2010年12/31
発電 4,690kwh
消費 3,786kwh
売電 3,578kwh (売電収入/170,400円)
買電 2,673kwh (電気代/51,251円)

(参考データ)太陽光発電導入前の年間実績
消費 4,466kwh ⇒2010年度 701kwh削減
電気代 109,758円 ⇒導入後 58,957円削減


昨年よりも電気代・売電収入ともに良い成果が上げられました!!
こうして数字だけ見ても、明らかに太陽光発電を導入した効果があったことは一目瞭然ですが、各項目についてもう少し掘り下げてご紹介していきましょう。

taiyo-240121-1.jpg

【発電量について】
まずはなび家の年間発電量について。
太陽光発電システムを設置する前に、船橋観測所の“95-08年の平均日照時間”から発電量をシミュレーションした際、3,996kwhという数字が出ました。設置面が真南ならもっと数値が上がったのですが、なび家の屋根は真西・真東を向いているため15%〜25%ほど出力が落ちると予測し、この程度の発電量に落ち着くのでは?と想定していたわけです。
さて、2011年は震災の計画停電の際には自家発電分を利用したりしましたし、少しは響くかと思いきや!なんと、なび家のシステムは発電量4,765kwhと予想以上の発電をしてくれました!!
しかも猛暑だった2010年を上回り、過去最高の年間発電記録となりました。

【消費電力について】
次は消費電力ですが、猛暑だった2010年と比較しても消費電力は抑えられたようです。特に今年は節電を意識せざるを得ない状況もありましたしね・・・。ただ、子供たちも成長し、洗濯モノや洗い物が増えてきて、どうしても削りきれない消費電力が多くなってきています。

【売電について】
4,756kwhの発電のうち、3,646kwhを売電に回すことが出来ました!
これは発電量の約8割を売電していることになります。この発電中の昼間も、私(専業主婦)と幼児2人(なび長男は幼稚園に行っていることがほとんどだけれど)は基本家にいるので、なんとか節電は出来ていたようです!
とはいえ、割合的には太陽光導入後の年間実績と比較しても遜色ありませんでした。

【買電について】
この一年間の買電ですが、夜22時〜翌朝8時までは安い電気代で利用できる“おトクなナイト10”に太陽光導入と同時に変更しています。
⇒詳しくはこちらのレポートで紹介しています
2009年03月15日 設置後の我が家は?“液晶モニター”と“おトクなナイト10”効果


このおトクなナイト10ですが、一般的な家庭の電気使用量だと夜間使用率50%を超えられれば電気代の削減につながるようです。この夜間使用率を、なび家では60%〜70%なるように家電の使い方を工夫してきたので、2010年一年間の夜間使用率は平均61.8%と目標達成!
太陽光導入後の年間実績 (2009年2/13(発電開始日)〜2010年2/12)では63%。2010年は61%でした。

以上の項目に加えて、ちょっと視点を変えてグローバルに。

【エコ・環境貢献について】
なび家の太陽光発電システムのCO2削減効果は、0.3145kg-CO2/kWh×4,756kWh/年(年間発電量)=1495.762kg-CO2となりました。
また節電でのCO2削減効果は、0.36kg-CO2/kWh×701kWh/年(節電電力量)=252.36kg-CO2となりました。
合計で約1.75トン(1748.122kg-CO2)ものCO2を、この一年間になび家だけで削減出来たことになるわけですが、この数字は「2010年燃費標準基準の中型車(車種1.2t)が1万キロ走ったときに排出されるCO2⇒1437.5kg-CO2」だそうなので、それ以上の削減が出来たことに!

太陽光発電システムを導入して3年経つことになりますが、とくに2011年は計画停電を何度か経験したこともあって、「電気を自分の家で発電できる強さ」を実感したように思います。今後も電気代が上がるかもしれないという話が出てきているけれど、もっと節電を意識するなら、普段から計画停電時に購入した充電器を活用して、扇風機を回したりガスストーブの電源にしたり余力がありますし、ますます多面的なメリットが実感できて満足した一年でした!
2012年も引き続きレポートしていきます!

(ご参考)やちなび家の太陽光発電システム/シャープ サンビスタ
太陽光発電モジュール  ND-153AU
パワーコンディショナー JH-L624
西面30度 17枚 2.6kw
東面30度 15枚 2.29kw
合計      4.89kw


★なび家はこちらに太陽光発電システムを依頼しました!→お店体験レポートはこちら
●株式会社ビッグ・インテック 関東支社 047-483-3374
千葉県八千代市村上1610-6川嶋ビル2F(地図)東葉高速鉄道「村上」駅より徒歩10分
【ホームページ】http://www.bigintec-chiba.com/index.html
※(株)ビッグ・インテック本社ホームページはこちら→http://www.big-intec.com/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | 年間総括レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。